あんしん相続・なっとく葬儀ドットコム│東京都千代田区│遺産相続│葬儀│相談│遺産│相続人│分割│手続│土地│登記│相続

qrcode.png
http://souzoku-sougi.com/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社OAGアウトソーシング
(旧社名:株式会社経理秘
〒102-0076
東京都千代田区五番町6-2
ホーマットホライゾンビル4階
TEL.03-6265-6533
FAX.03-6265-6535
006447
 

通夜・葬儀の流れ

 

通夜

通夜
 
▼遺族、関係者の着席
 
席順は一般的には祭壇に向かって右側に遺族、左側に友人知人が座る。
 
▼受付開始
 
始まる30分前には開始する。
 
▼僧侶の到着
 
祭壇の飾り方等を確認してもらった後、控え室で通 夜・葬儀の相談を行う。
 
▼僧侶の入場・読経
 
 
僧侶が入場し、祭壇の前に着席し 読経が始まる。読経は30分~40分 程。読経の後に、僧侶が参列者に「法話」や「説教」をする場合もある。
 
▼遺族・参列者の焼香
 
 
 
僧侶が焼香し、続いて喪主、遺族、近親者、一般参列者の順に焼香する。喪主は、焼香者の黙礼に対して黙礼で応える。参列者が多い場合は、読経の途中から焼香を行う場合もある。
 
▼僧侶退席
 
焼香が終了して僧侶が退席する。
 
▼喪主の挨拶
 
僧侶が退席の後、喪主が遺族を代表して挨拶することもある。
 
▼通夜振る舞い
 
故人への供養と弔問への御礼として飲物や食事を用意する。焼香の後、順次、席に案内するのが一般 的である。
                                          
 
 

葬儀

葬儀
 
▼遺族、関係者の着席
 
 
 
席順は一般的には祭壇に向かって右側に遺族、左側に友人知人が座る。左右に分かれない場合は、祭壇に近いほうから、遺族、親戚 、世話役、一般参列者の順に座る。
 
▼受付開始
 
始まる30分前には開始する。
 
▼僧侶入場 開式
 
 
参列者が着席したら、僧侶を迎える。僧侶が入場するときは、一同は起立するか一礼する。
 
▼開式の辞  
▼読経、引導
 
 
僧侶によって、故人の冥福と成仏を願って読経が行われる。時間は30分~40分程。
 
▼弔辞の拝受、弔電の紹介
 
 
 
弔辞は普通予め依頼した人に読んでいただく。弔電は、全文を紹介するのは数通 にして、あとは名前を読み上げる。披露が終わったら、祭壇にすべてを供える。
 
▼焼香
 
 
 
僧侶が焼香した後、読経のうちに僧侶、または司会者の合図によって、喪主から、遺族、近親者、一般 参列者の順に焼香する。喪主は、焼香者の黙礼に対して黙礼で応える。
 
▼僧侶退出、閉式
 
焼香が終わると、僧侶は退席するので、参列者とともに一礼して送る。その後、司会者の閉式の辞があり式は終了する。
                                                  
 

出棺から火葬まで

出棺から火葬まで
 
▼最後の対面
 
 
 
棺を祭壇から下ろして、遺族が故人と最後の別れをする。そして祭壇の生花で遺体のまわりを飾る。これを「別 れ花」という。故人の愛用品や枕団子と枕飯を棺に納めた後、最後の別 れをして棺に釘が打たれる。
 
▼出棺
 
 
遺族、友人等男性で棺を霊柩車に運ぶ。喪主が位牌を、喪主に次ぐ人が遺影を持ち、棺を先導する。
 
▼出棺の挨拶
 
 
火葬場に向かう前に喪主または親族代表が参列者に挨拶をする。手短に会葬の御礼、故人への生前の厚誼に対する感謝を伝える。
 
▼野辺の送り
 
 
遺骨を墓地まで送ることを「野辺の送り」というが、今は霊柩車に従って車で火葬場に行くことをいう。
 
▼火葬場での納めの式
 
 
 
 
 
 
火葬場に到着したら、係りの人に火葬許可証を渡す。棺を霊柩車から降ろし、炉の前に安置する。炉の前に祭壇用の小机があるので、持ってきた位 牌と遺影を飾る。
 
僧侶の読経、焼香に続き、喪主から故人と血縁の深い順に焼香、合唱、礼拝する。これを「納めの式」という。
 
▼骨上げ
 
 
 
 
 
火葬がすむと遺骨を骨壷に入れる。竹の箸を使って二人一組になり、それぞれが箸を持ち、ひとつのお骨をいっしょに挟んで骨壷に納める。拾い上げる順序は、故人と関係が深い順に行う。骨上げが終わると、係員が骨壷を白木の箱に入れ、白布で包んでくれる。このときに箱の中に「埋葬許可証」をいっしょに入れる。これは埋葬するときに必要な書類です。遺骨は喪主が両手で抱えて持ち、喪主につづく遺族が位 牌と遺影を持って、帰宅する。
                                          
 

葬儀後の後始末

葬儀後の後始末
 
▼後飾り
 
 
四十九日の忌明けまで、遺骨、位牌、遺影を安置する祭壇が「後飾り」の祭壇という。
 
▼還骨法要と初七日法要
 
 
 
遺骨が自宅に戻り、後飾りの祭壇に安置した後に営まれるのが還骨法要です。遺族が後飾りの前に集まり、僧侶に読経をあげてもらう。最近は、初七日の法要を繰り上げ、還骨法要と併せて自宅ではなく斎場で営むことが多くなっている。
 
▼精進落とし
 
 
喪家が僧侶や葬儀でお世話になった人を労うために設ける宴席を精進落としという。席順は、僧侶や世話役が上座になり、遺族は末席に座る。喪主から労いの挨拶で始まり、閉会の挨拶で終わる。
                                             
<<株式会社OAGアウトソーシング>> 〒102-0076 東京都千代田区五番町6-2 ホーマットホライゾンビル4階 TEL:03-6265-6533 FAX:03-6265-6535