あんしん相続・なっとく葬儀ドットコム│東京都千代田区│遺産相続│葬儀│相談│遺産│相続人│分割│手続│土地│登記│相続

qrcode.png
http://souzoku-sougi.com/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社OAGアウトソーシング
(旧社名:株式会社経理秘
〒102-0076
東京都千代田区五番町6-2
ホーマットホライゾンビル4階
TEL.03-6265-6533
FAX.03-6265-6535
006980
 

遺言書の内容に不服がある場合はどうす

   
http://souzoku-sougi.com/files/lib/3/51/201411051303022827.gif
 
4. 遺言書の内容に不服がある場合はどうするの? <2007年12月19日掲載>
 
 
http://souzoku-sougi.com/files/lib/3/52/201411051305191207.gif  
 
    
 
ひと月前に夫が死亡しましたが、遺言書が見つかりました。内容を見ると全財産を
まったくの他人にあげるというものでした。こういった場合、相続人である私や子供
(長男と次男がいます)は何も相続できないのでしょうか。
 
http://souzoku-sougi.com/files/lib/3/53/201411051306053339.gif
 
 
 
       全財産をまったくの他人にあげるというような遺言書があっても
配偶者や子供には、遺留分の減殺請求(民法で保障されている取り分を請求すること)
ができます。
 
遺留分を受けることができる人
遺留分を受けることができるのは、法定相続人の内、配偶者、直系卑属(子、孫等)
直系尊属(親、祖父母等)に限られます。
ですから、兄弟姉妹には、遺留分を請求する権利はないことになります。

遺留分の額
遺留分の総額は、原則として被相続人の財産の2分の1です。
ただし、相続人が直系尊属だけの場合は3分の1になります。
遺留分の権利のある人が複数のときは、この遺留分の額を法定相続分で配分します。
したがって、ご質問の場合、配偶者と子供の遺留分の額は次のとおりとなります。
配偶者・・・被相続人の財産の1/2 × 1/2 =1/4
(遺留分の総額)      (法定相続分)
長男・・・・被相続人の財産の1/2 × 1/2×1/2 =1/8
(遺留分の総額)       (法定相続分)
次男・・・・被相続人の財産の1/2 × 1/2×1/2 =1/8
(遺留分の総額)       (法定相続分)

http://souzoku-sougi.com/files/lib/3/62/201411051720009904.jpg
 
注意点
1.遺留分が侵害されている場合、遺留分の減殺請求といった
請求の手続きが必要です。請求しなくても自動的に
もらえるというわけではありません。
2.遺留分の減殺請求をする権利は、相続の開始を知った日から
1年以内に行使しないと時効になってしまいます。
<<株式会社OAGアウトソーシング>> 〒102-0076 東京都千代田区五番町6-2 ホーマットホライゾンビル4階 TEL:03-6265-6533 FAX:03-6265-6535